貸主・借主の契約トラブル、売買トラブルにお困りなら弁護士へ

不動産問題は佐藤法律事務所にお任せください

不動産問題は佐藤法律事務所にお任せください

不動産は、一般的に高価な財産であり個人にとっての生活の本拠となるだけではなく、法人・事業者にとっても重要な資産とも言えます。
そんな不動産に関するトラブルがこじれると生活自体に重大な影響を及ぼす可能性もあります。
また、山間部の土地などは評価額が低いため相続されているのに所有者の名義が先代、先々代のままというものも多々みられます。

時間が経てば経つほどこじれてしまったり、利害関係を有する者への連絡が難しくなったりして解決が難しくなることもありますので、問題が起こったらできるだけ早めに佐藤法律事務所へご相談ください。
豊富な経験と確かな知識であなたの抱える不動産問題を解決します。

貸主・オーナー様へ

  • 固定資産税が値上げになったので、家賃も値上げをしたい!
  • 何か月も家賃を払ってくれない、住人がいる!
  • ビルの立て直しに伴い、立ち退き交渉をしたいが円滑にすませたい!

不動産のオーナー業は、賃料増減額交渉、賃料不払による建物明け渡し交渉、物件や入居者の管理などさまざまな問題を解決しなくては成り立たない難しいビジネスです。
その問題解決のため弁護士が助力いたします。

詳しくはこちら

借主様へ

  • 大家さんから、立ち退きを求められた!
  • 部屋の修理をしたけど、大家さんに請求できる?
  • 部屋を退去したけど敷金の返金額に納得いかない!

不動産を借りるについては、契約、仲介手数料、敷金や入居の条件などの問題が生じることが考えられます。
弁護士が、不動産トラブル解決に向けてアドバイスいたします。

詳しくはこちら

売主様へ

  • 一部払ってもらえない売却代金がある!
  • 契約間際になって、売るのをやめたくなった!
  • 近隣トラブルがあり、家を売りたいが売れる?

買主から、根拠のない欠陥を言われ、言いがかりのような請求を受けお困りの方もいると思います。
不当な請求には払う必要がありません。
不動産売買トラブルでお悩みの方は、弁護士にご依頼下さい。
あなたの立場に立ち早期解決に向けてアドバイスいたします。

詳しくはこちら

買主様へ

  • 購入した土地の土壌汚染が見つかった!
  • 売主が購入した物件の鍵を紛失している!鍵交換代は請求できる?
  • 購入した家が過去に自殺事故物件だった!

不動産売買において、売買契約後に欠陥が見つかりトラブルになるケースもあります。
売主に対し、契約解除や損害賠償の請求を認める制度もあります。お困りの方は、佐藤法律事務所へご相談下さい。

詳しくはこちら

不動産問題をご依頼いただく前に知っておきたいQ&A

不動産会社が作成した契約書の内容確認だけでもしてもらえますか?
はい。確認いたします。
契約書の内容について詰めておくことで後日のトラブルを事前に防ぐ、あるいはトラブルが生じた際の解決を容易にすることができますので、事前の契約書の内容のチェックは重要です。
事前のトラブル回避ということからは正式な契約を結ぶ前のチェックが望ましいといえますが、正式に契約をした後でも内容に不十分な点がないか確認いたします。
購入住宅が欠陥だったため、修繕している間の転居費用は請求できますか?
一般に住宅の瑕疵については売主が担保責任を負います(民法570条、566条1項、住宅の品質確保の促進等に関する法律等)。
買主は、瑕疵により生じた損害の賠償を請求できますので、修繕中の転居費用についても修繕に必要な期間の相当な金額については、瑕疵により生じた損害として賠償を請求することができるといえます。
  • ご相談予約受付コール
  • 30分無料法律相談ご予約受付中!