佐藤法律事務所ブログ

タピオカ

 

弁護士の佐藤剛志です。

先日、大阪税関が2019年上半期のタピオカの輸入量が過去最高だったという統計を発表しました。
2018年上半期に比べて輸入量が約4.3倍になったそうです。

最近はブームも落ち着いたかなと思っていましたが、関西の輸入量が増加しているそうなので、首都圏のブームが関西に波及したということのようです。
いわきでも、最近、当事務所の近所に専門店ができていましたね。

なぜ、大阪税関が発表したのだろうと思って、税関のホームページを検索してみました。
明確な理由は分かりませんでしたが、関西のブームの影響なのでしょうか。

ところで、税関のホームページでは、各税関ごとに「特集」として公表しているページがあるようです。
平成31年2月20日付で東京税関が「タピオカの輸入」という特集記事を公表しており、そこでは、2018年の輸入量・額が過去最高を記録、台湾産の輸入が急増、という内容が記載されています。

この公表記事は、PDF版ですが、記事の周りをタピオカのイラスト(タピオカを表した粒々がストロー付きのカップに入っているもの)で囲んでいます。
税関もなかなかソフトになってきていますね。

その他にもいろいろな特集が、掲載されており、イラストに工夫のあるものがありますので、興味のある方は検索してみてはいかがでしょうか。

  • ご相談予約受付コール
  • 30分無料法律相談ご予約受付中!