佐藤法律事務所からのお知らせ

注意喚起!! 改元詐欺

最近いわき市内でこのような詐欺の文書が投函されていました。

いわゆる改元詐欺と言われるものの一つです。

 

以下の点などがおかしい部分です。

銀行が、暗証番号を記入させて、キャッシュカードを送付させるようなことはありません。

個別の預金者の口座に関して、全銀協が直接連絡してくることは、まずありません。個々の口座について不具合がある場合は、口座のある支店から連絡が来るはずです。

全銀協の住所が東京都千代田区丸の内●●●●●となっていますが、住所を伏字にすることはありません。また、通常であれば連絡先の電話番号の記載があります。

「2日以内に」投函するように要求していますが、通常このような短い期限で何か行動を起こさせることはありません。

 

このような文書であれば、まず、口座のある金融機関に正式な文書かどうか確認する必要があるでしょう。

詐欺の手口も巧妙になっています。このような文書が届くと、一見すると引っかかってしまいそうです。

十分にご注意ください。

 

  • ご相談予約受付コール
  • 30分無料法律相談ご予約受付中!