佐藤法律事務所ブログ

あなたの条文(4月28日) 民法428条 不可分債権

日付から、日付の数字に関連する条文を紹介するこのコーナー、4月28日の今日は、「428条」がらみの条文を紹介したいと思います。
今日は、民法428条を取り上げます。この4月から、新民法が施行されております。この条文は全面改正された条文の1つです。

改正前の民法428条は、以下のように規定していました。

「(不可分債権)第四百二十八条 債権の目的がその性質上又は当事者の意思表示によって不可分である場合において、数人の債権者があるときは、各債権者はすべての債権者のために履行を請求し、債務者はすべての債権者のために各債権者に対して履行をすることができる。」

 改正後は以下のようになりました。

「(不可分債権)
第四百二十八条 次款(連帯債権)の規定(第四百三十三条及び第四百三十五条の規定を除く。)は、債権の目的がその性質上不可分である場合において、数人の債権者があるときについて準用する。」

 従来は、不可分債権について、性質上不可分な場合と当事者の意思表示によって不可分な場合とされていましたが、改正により当事者の意思表示によって不可分な場合は、連帯債権にすることとされました(改正後の民法432条)。

そして、不可分債権については、連帯債権の規定が準用されることとなりました。

  • ご相談予約受付コール
  • 30分無料法律相談ご予約受付中!