佐藤法律事務所ブログ

あなたの条文(3月6日)労働基準法36条

日付から、関連する条文を紹介するこのコーナー、3月6日の今日は、「36条」がらみの条文を紹介したいと思います。

36条でもっとも有名なのは、 労働基準法第36条ではないでしょうか。

労働基準法第36条によって、会社は、法定労働時間(1日8時間、週40時間)を超える時間外労働及び休日勤務等を命じる場合には、労働組合などと、書面による協定を結んで、労働基準監督署に届け出ることが義務づけられています。
この、36条の「36」を取って、通称、「36(サブロク)協定」と呼ばれています。

従前、労使間で合意があれば、労働時間を延長できており、これによる弊害が大きかったため、最近、労働基準法が改正されました。
その結果、法律上、時間外労働の上限時間が定められるに至っております。

  • ご相談予約受付コール
  • 30分無料法律相談ご予約受付中!