婚約破棄・内縁関係・妊娠中絶など結婚前の男女トラブルの慰謝料請求

結婚前の妊娠・婚約破棄トラブル

慰謝料請求の問題にまで発展するトラブルは、結婚していない男女、結婚前の男女の間でも生じることがあります。

  • 婚約をして結婚式の準備をしていたのに突然婚約を解消したいと言われた。
  • 長年夫婦同様の生活を送っていた相手に別の交際相手ができた。

このような場合に相手方に対して、慰謝料請求ができるでしょうか?
正式な婚姻関係が無いから何の請求もできないのでしょうか?

正式な婚姻関係になくても、具体的な事情から判断して、法律的にも保護されると判断されることもあります。
結婚前だけれど、正式な結婚はしていないけれど、相手の行動には問題があるのでは?
何か請求できないのか?
とお考えの方は、弁護士佐藤剛志にご相談下さい。

婚約破棄の慰謝料

「あんなに仲が良くて結婚の約束をしていたのに、突然婚約の解消を迫られた!」
この場合、慰謝料を請求できるでしょうか?

結論からいえば、婚約の不当破棄と認められれば請求が可能です。
これについて考えるには、①婚約が成立していたといえるか、②不当破棄といえるか(正当な理由なしに破棄したといえるか)という点が問題となります。

①婚約が成立しているか?

婚約とは将来婚姻しようという当事者間の契約です。
必ずしも結納のような明確な行為が無くても婚約の成立が認められますが、誠心誠意、将来夫婦になることを約束するものでなければなりません。
その判断は、当事者間の交際状況、会話の内容、結婚に向けた具体的な準備や予定、親族への紹介、友人等への公表等のさまざまな事情から判断されます。
長年の交際や同居の事実があっても当事者に婚姻を成立させる意思がない場合には、婚約が成立しているとは認められません。

②不当破棄といえるか?(正当な理由があるか?)

婚約が成立していたとしても、相手が浮気をしていたとか、暴力をふるわれた等の事由があった場合にはこれからの結婚生活を始めることは躊躇されるのでその解消をすることが当然認められてよいでしょう。
しかし、このような正当な理由が無い場合には不当破棄の問題が生じます。
性格が合わないとか親族との折り合いが悪いといった理由では正当な理由とされません。
不当破棄と認められると、慰謝料や結婚の準備に向けて支出した費用(結婚式の費用、家財道具の費用等)の賠償が認められます。

内縁関係にあったが、浮気をされた場合

内縁の夫(妻)が浮気した。慰謝料を請求したい!
内縁を解消したい。2人で作ってきた財産はどうなるの?

内縁とは、社会通念上夫婦となる意思をもって夫婦共同生活を送っているが、婚姻の届出を欠くために、法律婚とは認められない男女の関係をいいます。
夫婦としての共同生活の実体のほかに、婚姻意思(社会観念上の夫婦関係を設定する意思)がある点で単なる同棲とは異なります。
内縁は、相続等の戸籍による画一的な処理が要請されるものを除き、さまざまな効果が法律婚に準じて認められます。
この点で単なる同棲にすぎないか、内縁が成立しているかは大きな問題といえます。

内縁の夫婦は、婚姻費用の分担が求められ、内縁の解消には財産分与も認められます。
また、内縁関係を不当に破棄された場合には不法行為が成立し慰謝料を請求できます。

妊娠中絶により精神的苦痛を与えられた場合の慰謝料

婚約破棄や内縁の解消に際して妊娠中絶をせざるを得ない場合もあるかと思います。
この場合、中絶に伴う女性の精神的損害等は婚約や内縁の解消についての慰謝料の増額事由として評価されることが多いようです。
しかし、中絶は、男女が共同で行った性行為に由来するものですから一方的に男性に対して慰謝料の請求を認めるというわけではありません。
・男性が精神的に女性をフォローしなかった
・男性が中絶費用を全く負担しなかった
そのような事情が女性に精神的損害を与えたとして慰謝料請求を認めているようです(参考裁判例:東京高等裁判所 平成21年10月15日判決)。

不倫・不貞・男女トラブルの法律知識

  • 慰謝料請求したい方
  • 慰謝料請求された方
  • 結婚前の男女トラブル

男女トラブルトップページへ

  • ご相談予約受付コール
  • 30分無料法律相談ご予約受付中!